< 2019年08月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by んだ!ブログ運営事務局 at

2011年07月25日

駅~Station~6

♪汽車を待つ君の横で僕は、時計を~~、気にしてるうぅ~♪


その駅はどこにあるのだろう?
カーナビのスイッチを入れて、出発しました・・・・。


国道から少し奥に進んだところにその駅は佇んでいました。


NISHIBUKURO STATION




夏の騒がしさを感じさせない静かな無人駅。






待ち人のいない待合室は入口の戸が閉ざされており、静かに開けて中に入ると・・・・・・

暑っちえぇぇぇ~~!! (゜o゜)

ビックリだよ(^_^;)



車社会になる前は、この駅も賑わっていたんだろうなぁ、と昔の風景を想像しながらこの駅を後にしました。




本日もご乗車ありがとうございましたm(__)m

哀愁の駅探しの旅はまだ続きます。








こちらの駅、デザインと色彩が素敵だったのでカラー写真でもご紹介します(^-^)

  

Posted by 鶴ニイ at 21:40Comments(6)駅 ~Station~

2011年03月05日

駅~Station~5

♪見覚えのあ~る~  レインコート~~  黄昏の駅でぇ~  胸が震えた~~~~♪


三月に入ったというのに、春にはまだ程遠いような天気。
そんな休日に訪れた無人駅はやはり、冬の静けさを感じさせました。

KOIWAGAWA STATION







一面に広がるグレイの空の下に電車を待つ人影も無く静かに佇んでます。




雪の上を踏みしめた足跡は多数見られるのですが、待合室にも人影は無く。

海沿いの小高い場所にあるというのに波の音も聞こえる事無く、自分の鼓動だけ耳の奥に伝わって来ます。



突如現れる貨物列車(゜o゜)




物凄い風と響き渡る金属音を残して走り去って行きました。
こんな近くに立ってて大丈夫かっ、と思いました(゜o゜)



風が冷たく、人もやって来そうもなかったので、カメラをバックにしまい駅を後にしました。



本日も、ご乗車ありがとうございましたm(__)m




「自転車は夜間電灯をつけませう」

そうしませう(*^。^*)



静かに佇む港町「小岩川」でした。
  

Posted by 鶴ニイ at 21:10Comments(7)駅 ~Station~

2010年12月21日

駅~Station~4

♪見覚えのあ~る~  レインコート~~  黄昏の駅でぇ~  胸が震えた~~~~♪


晴天の休日。
海沿いの駅に行きました。



近所のおばちゃんに尋ねたところ、この細っこい登りの階段の先に駅はあるそうですicon10




足もとの悪い細っこい階段を登って行くとその駅はありました。
KOBATO STATION




ホームには電車を待つお婆ちゃんが一人いるだけ。




小波渡に住んでる方ぐらいしか利用しないんでしょうねー。
南へと伸びるレール。




海風が時折強く吹いて来ます。




妖怪ポストではありません。
使用済みの乗車券を入れるポストですね(^-^)




ギョッ!!(゜o゜)

そっ、そろそろ帰ることにしましょう(汗っ)

熊の車掌さんは冬季休業なんでしょうね(^_^;)




黄昏の駅探しの旅はまだまだ続きます。
本日もご乗車ありがとうございましたm(__)m
  

Posted by 鶴ニイ at 18:45Comments(5)駅 ~Station~

2010年12月13日

駅~Station~3

♪見覚えのあ~る~  レインコート~~  黄昏の駅でぇ~  胸が震えた~~~~♪


冬の無人駅。
そこは人影も無く、ただひたすら静けさが漂い、物思いに更けるのにちょうどよい場所です。


荒れる日本海の側に佇む駅に行ってまいりました。
IRAGAWA STATION

駅舎が無い無人駅です。



ホームに行くにはこの地下道を通って行きます。

こっ、こえぇ~よおぉ~~(@_@)
トンネル嫌いの私にはなおさら怖いです(T_T)
夜なんか絶対歩けましぇん(;一_一)



小走りで地下道を抜けたら、ちょうど電車が通過中。
ゴォォ~~~~






電車が走り去った後は、また静けさの再来。

時折国道を走りぬける車の音と、微かな波の音が聞こえるだけ。



ホームには、以前待合室があったであろう台座が残っていましたよ。

これからも哀愁の駅探しの旅は続きます・・・・・・。






本日もご乗車ありがとうございましたm(__)m


  

Posted by 鶴ニイ at 21:32Comments(4)駅 ~Station~

2010年11月25日

駅~Station~2

♪見覚えのあ~る~  レインコート~~  黄昏の駅でぇ~  胸が震えた~~~~♪

潮の香りが微かに漂う駅のホームに立ってみました。

電車を待つ人影も無く、静かな空間が広がっています。




ここから先は冬の日本海にレールが延びています。






SANZE STATION




線路脇でお婆ちゃんが気持ち良さそうにひなたぼっこをしながら、通り過ぎる電車を眺めておりました。
長年この土地で暮らして、ここでこうして電車を眺めるのが日課になっているのでしょうか?

「ガタゴトと きしむレールが 子守唄」 (丸 賀利太)
フォトラバ「今稚句抄」に参加してます(^-^)



本日もご乗車ありがとうございましたm(__)m


  

Posted by 鶴ニイ at 18:40Comments(12)駅 ~Station~

2010年11月17日

駅~Station~1

♪見覚えのあ~る~  レインコート~~  黄昏の駅でぇ~  胸が震えた~~~~♪


遠くから電車の音が聞こえるまでは、とても静かな駅でした。
ベンチに座って暫くそのモノクロの風景に浸っていたい。そんな気持ちがしました。




KIYOKAWA STATION

なんか、シリーズ化しちゃいそうな予感がしまふ(*^。^*)  

Posted by 鶴ニイ at 21:56Comments(7)駅 ~Station~